新築住宅での防水工事は被害状況で行なう時期を判断する

新築住宅でも防水工事はしておいたほうがいいの?

住宅は年月とともに劣化していくので、至るところに劣化や不具合が生じてくるでしょう。特に屋根や外壁は劣化や不具合が多いため、防水工事をすることが大事です。新築住宅の場合でも、適切な時期に防水工事をした方がいいのでしょうか。

防水工事をしておかないとどのような被害が発生するか?

新築住宅では、内装やインテリアデザインなどに目が行きがちです。そのため、室内の劣化や不具合にはすぐに気が付き、対策やメンテナンスをする人は多くいます。ですが、屋根や外壁などの室外も室内同様に劣化や不具合が起こります。これからも生活していくために、新築住宅でも劣化や不具合が発生したら、防水工事を検討しましょう。

防水工事の必要性について〜体験者の意見を聞いてみよう〜

せっかく建てた新築住宅ですから、いつまでも綺麗にしておきたいですよね。新築住宅の景観を維持するためには、防水工事は欠かせないものです。ここでは、防水工事の必要性についてみていきましょう。

紫外線の影響で・・(40代/男性)

雨だけでなく、紫外線も住宅にとっては天敵なんです。しっかりと防水工事をしてなかったために、紫外線の影響で塗料が劣化し剥げてしまいました。そのせいで資産価値が低下したので、防水工事をしておけば良かったと後悔してます。

塗装がヒビ割れしました(40代/女性)

酸性雨や紫外線、潮風に晒され続けることで、塗料の劣化速度は早くなるみたいです。自宅でも塗料がひび割れを起こして、柱や土台に大きなダメージを与えます。住宅を守るためにも、塗料の劣化を防ぐ防水工事が欠かせません。

TOPボタン